オンライン飲み会のコスパの良さに感動した話

シェアする

最近家でLINEやらSkypeやらつないでテレビ電話をやってそこで飲み会をやっています。

これが結構いいので、メリデメについて書いてみようと思います。

コスパがいい

1番のメリットはコスパが非常にいいこと。
家だとwi-fi環境があるので、通信料は特に追加でかからず。まぁ電気代は誤差の範囲ですし。

缶ビール・ストロングゼロ安いやつなら200円。後は家で軽くご飯作れば、数百円と非常に安く飲み会が成立するのです。交通費もかからない点も大きい。

場所的拘束もない

改めてどこか特定の場所に集まる必要もないので、自分の好きなところで行うことができます

家でやる必要もなく、例えば旅行先のホテルでも行うことができます。これなら、時間的制約もかなりなくなるので、やりやすいですよね。

遠方の友人とも気軽にできる

場所的拘束がないということでもありますが、遠方の友人と飲み会を行うのも簡単です。

終電とか帰りの心配をしなくていい

これも場所的拘束がないことによるものですが、家でやれば終電などの時間を気にする必要もありません。飲んで疲れたら寝ればいいだけです(笑)後の時間を気にしなくていいことで逆に長時間飲みすぎるかもしれませんので、その点は注意が必要な点かもしれません。

何か作業とかやりながらでもできる

実際顔合わせて飲んでると、他のことをやるってことは結構ハードル高いです。
これがオンラインだと、意外に並行してできたりします。

消費税増税の対策にはなるかも

今年の10月に消費税の増税が予定されていますが、その際、導入されるのが軽減税率。お酒は対象外ですが、料理の一部については適用されて8%のままとなるものがあるかと。

税金で飲み会をやるか決めるなんてことはしないかもしれませんが、方法の一つとして候補に入れておくのはメリットのあることだと思います。

特に新しい出会いとかはないかも

自宅とかやく知っている場所で行う場合、おいしいお店とか新たな発見は少ないかもしれません。それがある種デメリットかも。

まとめ

書き並べてみると、メリットが結構多いということがお分かりいただけるかと。飲み会の手段の一つとして考えてみてはどうでしょうか。