マイルを貯めて飛行機代を節約する戦略

シェアする

現在東京在住で実家が九州にあるため、帰省するために飛行機をよく利用しますが、普通にANAとかを利用すると早めに予約しても往復で30,000円程度はみておく必要があります。

現在的なところとして、1年間に2人で帰省2往復と旅行で1往復するとして180,000円くらいかかります。結構痛手・・。

これは何とか対策が打てるなら打ちたいところ。

LCCを利用する手もありますが、羽田空港の発着が限られており、現実的ではないのでそれ以外の方法で打てる手を列挙してみたいと思います。

クレジットカードのポイント

1つの対策はクレジットカードのポイントをマイルに変え、飛行機代の足しにすること。

私が今使っているのはマイレージセゾンプラスカード。以前も書きましたが、1,000円につきユナイテッド航空ののマイルが15マイルたまり、5,000マイルで国内線の多くを利用できるというもの。

1,000円で15マイルたまるのは年間200万円までという制限がありますので、最大30,000マイルということになります。

クレジットカードカードの年間利用額は200万円もいきませんが、いったとしても1人3往復が限度。約90,000円分。

個人的には2往復分くらいが現実的ですかね。ざっと60,000円分くらい。

ふるさと納税を利用する

最近はふるさと納税で御礼の品として旅行券を用意している自治体が多くあります。最近はその中で旅行券の取り扱いをしているところがあります。

まぁやらないと結局税金で持っていかれるので一つの方法として押さえておくべきかと。

どのくらいできるかは所得等によって変わってきますが、個人的には年間50,000円くらいを狙っています。

ただ別途書きたいと思いますが、旅行券って案外使いにくいんですよね・・これが難点。

ポイントサイトを利用する

もう一つの対策はポイントサイトを活用すること。ポイントサイト経由で買い物をしたり、クレジットカードを発行したり、覆面調査を行ったりすることで貯まったポイントをマイルに移行することができます。

これでどれだけマイルを獲得できるかは、どれだけ覆面調査とかをやるかにかかっているのですが、あまり時間対効果はよくなかったりするので、その点は注意が必要です。

まとめ

クレジットカードのポイントで60,000円分、ふるさと納税で50,000円分はカバーするな残りは70,000円。それをポイントサイトを活用して補えると手出しが実質的にいらないことになります。月々6,000円分くらいポイントサイトで稼げればなんとかなる計算なので、この水準を確保するようトライしていきたいと思います。

シェアする

フォローする